雨水タンクのことならおまかせ!!

0120-085-522

ホーム > 雨水タンクDIY

雨水タンクDIY

タキロン 雨音くん 120LをDIYで組み立ててみよう

 

タキロンさんのベストセラーモデルです。コストパフォーマンスも高く当店でも人気モデルの一つです。

 

 

 

梱包内容は以下の通りになります。サッと見てもそれほど理解が難しそうな部品はなさそうですね。

もちろん組立説明書もついていますので、素人でも組み立てることができると思います。

 

 

必要な工具の説明です。ブロックは購入しないとなかなかご自宅にはないかもしれませんが、あとはなんとかご自宅のある工具でまかなえる程度ではないでしょうか?

注意点としては刃物を使いますので、長年使っていないカッターなどは切れ味も悪く逆に危険ですので、刃先はしっかりおってから使用して下さいね。

 

 

使用されるバケツ等の高さを確認してください。その高さに合わせてブロックを調整するのがコツです。

また雨水タンクへの取水は右でも左でもどちらでも取り付けが可能です。

樋から本体までのホースは70センチまでの物がついています。

注意点は雨水タンクは水をためるとかなりも重さにある場合がございます。こちらのモデルですと満水で145kgになりますので、設置には十分気を付けてください。

またタンクは満水時にタンク表面が膨張するため壁から5センチ程度はなしてください。

 

このタンクは右でも左でもどちらでも設置が可能ですので、縦樋につなぎやすい方で設置を考えてください。その後キャップをつりつけてください。

ただし工具等を使用してキャップを取り付けることは絶対にしないでください。

 

水栓を取り付ける前に付属のシールテープ(水漏れ防止テープ)を蛇口のねじ込む部分に巻きつけてください。最低3重になるように時計回りでまいてください。

その後、タンクへ取り付けてください。

 

ここからが本番です。メジャー等で基準線を取ります。タンク上部と同じ高さに縦樋に基準線を記入してください。

 

各メーカごとに切断ラインが設定されています。ご自宅の雨どいサイズを図っていただき上記のサイズで縦樋を切断していただきます。A寸法、B寸法がございますのでご珠い下さい。

切断する際に切断ラインにテープなどをハスとカットがしやすくなりますので、是非やってみてください。

 

 

縦樋の切断位置を間違えるとどうなるか?

タンクが満水なると点検キャップから溢れたり雨水タンク内に水が入らなかったりしますので、よく確認してからカットをお願いいたします。

 

こちらのモデルはゴミ除けを標準装備していますので、本体を設置する際に接着しないでください。メンテナンスができなくなります。

 

最終確認です。ホースの接続位置がタンク上部ラインとタンク取水口上部ラインとのあいだにあることを必ず確認してください。ここがPOINTです。

 

点検キャップの取っ手が水平になるように確認ください。

最後にがたつき等がないか、キャップが閉まっているか点検し、DIY完了です。 お疲れ様でした!

 

 

 


PAGE TOP