雨水タンクのことならおまかせ!!

0120-085-522

ホーム > ボウフラ対策って?

ボウフラ対策って?

雨水タンクが市町村などの補助金を受けて、この2から3年に一般家庭でもごく普通とはでは言いませんが、見受けられるような環境となってきました。

現在では、大手ハウスメーカーの展示場にも一つのオプションとして展示されることもあるようです。

そんな中、雨水タンク専門店の当店でもあるお問い合わせが、多くなってきました。

それは「ボウフラ」「蚊」です。

基本的に一般家庭における雨水タンクは密閉されているのでボウフラはわきにくいのですが、どうしても住宅の

雨どいから雨を取る為、住宅の雨どいにある、ボウフラの卵が入り、孵化することが考えられます。

またオーバーフローが付いているものについてはそこから蚊の侵入も考えられます。

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

ポイントは3つ

 

1 銅を入れる

タンクの中に少量の銅板や銅の網などを入れると効果があるようです。これは銅のから銅イオンがでて、銅の微量金属作用の働きが蚊の発育を抑えるといわれます。

実際に私もやってみたのですが、実際効果はありました。 カンタンなんでぜひやってみてください。

 

2 網を張る

蚊の入りやすい場所を網などを使って侵入を防ぐ処理をする。

オーバーフローの出口や商品によっては取水器の部分などを蚊の入りにくいように、網などをつけてあげましょう。

こちらはモデルによって変わりますので一概には言えませんが。

 

3 水を使う

これは絶対です。 ボウフラをわかせる前にどんどん使いましょう。

水自体は本来 腐ることはないのですが、振っている間や雨水タンクに溜まる間に有機物と混ざりあい約2週間くらいで腐りだします。

こまめに水を使うことで、水を腐らせることもなく、ボウフラをわかせることもなくなります。

8月9月などの雨の少ない時期は夕立などを逃してしますと、次に雨がたまるまで日数がかかりますので、ご注意必要です。

 

 


PAGE TOP